口臭予防 対策

Sponsord Link


口臭を予防したり、口臭をなくす良い方法はありますか?

口臭の解消と予防、まずはその原因を知ることから始まります!

 

口臭は本人にとっても周りの人にとっても嫌なものです。
満員電車などの人が密集するところでは、特に口臭を強く感じますので自身の口臭なのか、他人の口臭なのか判別しにくので、臭いの不快感とともに精神的にもストレス加重になってしまいます。
臭いの強弱や臭いの質は異なりますが、口臭がまったく無い人はいません。
また、口臭の原因もまちまちです。
効果的に口臭を予防し、口臭の可能な限りなくすには、まず自分自身の口臭の原因を知ることから始まります。

 

口臭の原因は大きく分けて二つに分類されます

口臭の原因は二つに大別されます。
生理的な原因と病的な原因です。
生理的なものとしては、飲食やタバコ、舌の上皮に細菌類や食べかすなど付着した状態である舌苔、扁桃腺の小さな穴に口の中の粘膜のカスや食べ物のカス、細菌や脂肪のカス、口内に入ったホコリなどのさまざまなカスが溜って出来た膿栓と呼ばれる小さな球状の塊、睡眠や強いストレスによる口内の乾燥などがあります。
また、女性特有の生理的な原因として、ホルモンのバランスの崩れから引きこされる唾液の臭いもあります。
一方、病的な原因としては虫歯や歯周病、歯石などの歯の病気が代表的なものになります。
このほかに、鼻や消化器官系の内科的な疾病、そして加齢によるものなどがあります。

 

口臭は消化器系の疾病の予兆になることがあります

まず病的な原因の場合は、医療機関の治療によって改善されます。
歯に由来する原因による口臭は、虫歯や歯周病の治療によって解消されますので、口臭を自覚したらすぐに歯科医院にいくようにしてください。
また消化器系の疾病に由来する原因の場合、単に口臭を解消するだけでなく、重大な疾患の早期発見にもつながります。
口臭が疾患の前兆として現われる場合がありますので、内科で受診されることをお奨めします。

 

専門医の指導による毎日のケアが口臭予防の秘訣

生理的な原因は、舌苔や膿栓は歯科医院など医療機関で相談して、外科的に取り除くのが良いのか、洗口液で口内洗浄することによって口臭を押さえるのかを決めることになります。
その他の飲食やタバコ、口内の乾燥などを原因とする口臭については、飲食や喫煙の後、こまめには歯磨きやうがいをすることによって口臭を解消することができます。
専門医の指導とアドバイスを受けて、予防対策を進めることが大切です。
日々の生活では、指導やアドバスをきっちりと守ってケアしてください。
要は面倒くさがらずに、こまめに行うことが口臭の予防と解消につながるのです。

口臭の原因ってなんでしょうか?

生理的、病的、さらに食習慣まで、口臭の原因は様々です!

 

口臭の予防、口臭を解消するための対策の第一歩は、その原因を知ることでした。
この原因については、飲食やタバコ、睡眠やストレスによる口内の乾燥、女性特有のホルモンバランスの崩れによる唾液臭、さらに舌苔や膿栓などの生理的なものがあります。
一方、病的な原因としては虫歯や歯周病、歯石、さらに耳鼻咽喉や消化器系の疾患に由来するのがあります。

 

生理的な原因は飲食や喫煙、ストレスに由来

それでは、特徴的な原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。
生理的な原因である飲食については、ニンニクやネギ、香辛料などの臭いの強い食べ物を食べると摂取する量にもよりますが、胃で消化されるまで口臭が残ります。
アルコール類も同じですね。
タバコの臭いは、喫煙の後にうがいや歯磨きをすることで簡単に解消できます。
また睡眠による口内乾燥に起因する口臭もうがいと歯磨きで解消できますので簡単に口臭対策ができますが、ストレスによる口内乾燥の場合は慢性的になりますので、完全に解消するためにはストレスの原因そのものを解消する必要があります。
対症療法的には頻繁にうがいをすることで口臭を抑えるということになります。

 

あまり知られていない舌苔や膿栓

舌苔というのは、舌の上皮に細菌や食べかすが残ったりして、白っぽくなる症状です。
外科的に取り除くことができますが、病気ではありませんので、そのままにしていても大丈夫です。
ただ、口臭の原因になりますので口臭がひどいようでしたら、歯科医院などで相談することが必要です。
膿栓は、扁桃腺の穴の部分に食べ物のカスやホコリ、細菌のカスをはじめ口内で分泌される分泌液などが溜って塊状になったものです。
2ミリから3ミリほどの球状で、激しく咳き込んだ時などに口からでることがあります。
うがいをした時に、喉の奥から下水のような悪臭を感じたことがあるかと思いますが、この悪臭の元が膿栓です。

自分の口臭をチェックする方法ってありますか?

自分で簡単にできる口臭チェックはこんなにあります!

 

朝起きたときは、口臭を自覚できると方は多いと思いますが、生活の中では仕事や家事に追われて案外、口臭を自覚できない方が多いようです。
口臭はまわりの人を不快にしますのでビジネスシーンでは絶対NGですよね。
普段の生活でも、もちろんエチケット違反です。
朝だけでなく、一日をとおして口臭を自覚して、うがいや歯磨きなど口臭予防に心掛けることが大切です。

 

手やマスク、ハンカチを使ったチェック法

それでは、簡単に出来る口臭チェックを見ていきましょう。
もっとも簡単なチェックは、手がかじかんだ時にする要領で、手に息を吹きかけて臭いをチェックする方法です。
これは、時間や場所に限られずに口臭をチェックできますので午前中に2回、午後からは3回ほどの割合でチェックするようにしましょう。
また、マスクやハンカチ、ビニール袋やコップに息を吹きかける方法ですと、より確実に口臭をチェックすることができます。
さらにオキシドールがあれば、水で薄めてうがいをして、その水の泡をチェックする方法もあります。
この場合、泡が多いと口臭がる判断してください。

 

息だけでなく舌も目視チェックしておきましょう

また、息の臭いをチェックするのと同時に、舌の色もチェックしておきましょう。
上皮が白っぽい、または黄色がかかった色をしているようですと、舌苔の可能性があります。
ハンカチやティッシュで舌の上皮をなでるようにしてふき取って下さい。
中にはふくだけでは取れない舌苔もあります。
あまりにも臭いがひどいようでしたら、歯科医院で相談しましょう。

 

本格的な検査なら市販用の口臭測定器が便利です

以上、簡単に出来る口臭チェックの方法を見てきましたが、本格的に口臭をチェックしたい方は、口臭測定器を使うのが良いでしょう。
口臭チェッカーやブレスチェッカーの製品名で市販されています。
価格も3000円以下とお手軽ですので、カバンの中に入れておいて、昼食後などにチェックして見てください。
数字やレベルで表示されますので、その日、その時の口臭の状況を把握することができます。
計画的な予防や口臭解消に役立ちますよ。

口臭外来ってどのような治療をするのですか?

歯科院はもちろん内科、心療内科でも口臭外来の窓口があります!

 

口臭外来を開設する歯科医院が増えてきていますね。
口臭の原因で最も多いのが虫歯や歯周病や歯石ですので、歯科医院で口臭外来を開設する動きが活発になるのは当然の流れですね。
さて、この口臭外来ですが、通常の歯科外来が虫歯や歯周病をはじめとする口腔の病気の治療を目的としているのに比べて、口臭外来の場合は、虫歯や歯周病はもちろん舌や唾液まで口腔の口臭原因を見つけて、口臭を消す、または口臭を低減することを治療の目的にしています。

 

口腔から唾液まで徹底的に口臭の原因を検査します

さて、実際の口臭外来では、問診にはじまりレントゲンと検診による虫歯、歯周病、舌苔のチェック、さらにした口臭測定、唾液検査などが行われ、口臭の原因を明らかにします。
この原因によって治療方法や予防対策を決めて、治療が行われることになります。
治療は原因の解消を優先させながら、口臭の原因が発生しないように予防対策も同時に行われます。
ここで注意しておくことは、歯科医院の口臭外来では、歯科領域の治療と生活習慣の改善などの予防対策は行われますが、口臭の原因が消化器系などの疾病によるものの場合は、適切な医療機関にリファすることになるということです。

 

歯科領域から消化器系、精神面まで多様化する口臭外来

消化器系などの口腔以外の原因による口臭の場合は、内科医に相談します。
基本的には内科では口臭に限定した治療は行われません。
口臭を消化器系の疾病の予兆として消化器系に何らかの疾病が生じているのか、ということを前提として検査や治療を行います。
また、消化器系の疾病が原因ではなく生活習慣に由来するものである場合でも内科医から、適切な指導やアドバイスを受けることが出来ますので、相談しましょう。
一方、ストレスなどの精神的な面によって口臭がひどくなる場合もありますので、心療内科で相談するという選択肢も頭の中に入れておくとよいでしょう。

Sponsord Link