口臭予防 食材

Sponsord Link


臭いを抑制する食材を使って口臭予防に役立てましょう

口臭の原因は、虫歯や歯周病、さらに消化器系などの疾病といった病的原因と食べ物に由来する生理的原因があります。
生理的な原因による口臭は、口臭を抑える食べ物によって予防することができます。
つまり食べ物によって生じた口臭を食べ物によって予防するということなのです。
害になる食べ物もあれば、体に良い食べ物がある、まさに自然の摂理にマッチした予防法ですね。

 

口の中を清潔してくれる生野菜の歯ごたえ

それでは具体的に口臭を抑える食べ物を見ていきましょう。
まず、よく知られているのがキャベツを代表とする生野菜です。
ビタミン類や食物繊維が豊富で、口内から消化器系まで消化を促進して食べ物を分解する時に発生するガスを抑える効果があります。
またキャベツを生で食べると、そのシャキシャキ感が唾液の分泌を促すとともに、歯応えによって歯や口内に溜っている食べカスなどをきれいにしてくれますので、口内を清潔に保つことができます。
成分としての効果に加えて物理的な効果も生野菜にはあるのです。

 

お口の消臭効果が高い果物ならパパイヤがお奨め

また、口臭の原因の一つとされている舌苔に効果があるとされているのがパパイヤ、パイナップル、いちじく、キウィ、メロンなどの果物です。
これらの果物はたんぱく質を分解する作用があって、舌に付着した舌苔を分解してくれます。特に効果が高いと言われているのがパパイヤです。

 

口臭はバランスのよい食生活で防ぐことができます

まだまだ口臭を抑える食べ物がありますので、列挙していきましょう。
海藻類も腸内を整えてガスの発生を抑える効果がります。
牛乳もニンニク臭を抑える効果がありますし、ヨーグルトや紅茶、緑茶、梅干やレモンも効果的な口臭抑制作用があります。
変わったところでは、マッシュルームや砂糖も口臭を抑える効果が知られています。
ざっと代表的な口臭抑制作用のある食べ物を見てきましたが、バランスのよい食事を取ることが、口臭予防にとって大切であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。
臭いの原因になる食材もあれば、臭いを抑制する食材もあるのです。
バランスを考えた食生活を実践することで、口臭はある程度、抑えることができるのです。

Sponsord Link