乳酸菌 口臭予防

Sponsord Link


歯周病などの口臭原因に直接作用する乳酸菌によるオーラルケア

ある特定の乳酸菌を使った口臭予防がクローズアップされているのをご存知でしょうか。
お口の中に自然に存在するLS1と呼ばれる乳酸菌の効用を生かして、オーラルケアする口臭抑制のタブレットを見かける機会がぐっと増えました。
乳酸菌LS1には、歯周病の原因となる歯周病菌に直接作用して死滅させる効用があることが知られています。
歯周病は、虫歯とならんで口臭の最大の原因でもあり、歯周病を治すことはイコール口臭予防にもつながるというわけなのです。

 

口内を酸化させる従来の乳酸菌の欠点を解消

さて、普通の乳酸菌の場合は、直接的に歯周病菌に働きかけることはありません。
つまり歯周病には効果がないということです。
また、効果がないばかりから、乳酸菌は糖類を使って乳酸を作り出しますので、この乳酸によって口の中が酸化してしまって虫歯になる可能性が高まります。
普通の乳酸菌は、オーラルケアには寄与しないどころか、お口の環境を悪化させてしまう可能性さえあるのです。

 

乳酸菌でありながら乳酸菌でない特別な効用

ところが、同じ乳酸菌でもLS1は、歯周病菌に直接働きかけて死滅させるでけでなく、自ら作り出した乳酸菌によって酸化が進むと、LS1自体も死滅してしまうのです。
歯周病菌をやっつけて、そして乳酸菌でありながらお口の中を酸化させない、というオーラルケアの観点からは、まさに優れものの乳酸菌なのです。

 

お口の中を自然な状態に保つことで口臭を予防

さらに、もう一つの特徴は、LS1はお口の中に自然に存在する乳酸菌であるということです。歯周病になるのは、お口の中のLS1が減少して歯周病菌が増えるためです。
つまり歯周病にならないためには、LS1を自然の状態で保っておくことが大切なのです。
そして減少したときは、LS1配合のタブレットなどで減少分を補っておけば、お口の中のバランスが保たれて、口臭の原因となる歯周病にならなくて済むというわけなのです。

Sponsord Link