口臭予防体操

Sponsord Link


口臭予防体操は唾液をしっかりと出すためのエクササイズ

気になる口臭は、その原因によりますが簡単なお口の体操を心がけるだけで改善することができます。
口臭予防体操と呼ばれる、このお口の体操がちょっとしたブームになっています。
お口の体操が、なぜ口臭予防に効果的なのか、その理由は唾液の分泌にあります。
口臭の原因は、消化器系の疾患や虫歯、歯周病などの病的原因と食べ物やストレスによる生理的原因がありますが、生理的原因に起因する口臭は、お口の体操によって効果的に改善することができるのです。

 

お口の中をきれいにする唾液の役割

食べ物による口臭の場合、唾液の分泌が少なくて口の中で食べ物を十分に消化できずに食べカスが口の中に残って、臭いを発します。
またストレスによる口臭のほとんどが、口が渇いたドライマウスの状態によるものです。
つまり唾液が分泌されていないか、極端に分泌量が少なくなっているのですね。
唾液は、お口の中の食べかすや食べかすに付着する細菌などの微生物をやっつけて、お口の中をきれいにする大切な役割を果たしているのです。
唾液の分泌がいかに大切なのか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

舌の運動で唾液腺を刺激

それでは、唾液の分泌を促すお口の体操を見てみましょう。
いくつかあるのですが、まず舌を使った体操です。
これは舌を口から出して、唇に沿ってグルっとなめまわすように一回転します。
時計まわりに10回以上、反時計まわりに10回以上やってみてください。
唾液腺が刺激されて、唾液が出てくるのがわかると思います。

 

口の渇きを感じたら口臭予防体操ですっきり

次に下あごを使った体操です。
下あごを左や右にして歯のかみ合わせをずらします。
ずらした状態で軽く、ゆっくりと下あごを上下して歯をカチカチと鳴らすようにします。
右が終われば、次は左という要領でそれぞれ10回以上カチカチとやってください。
これも唾液の分泌を実感できると思います。
口の中がすっきりしない、口が渇くなどを自覚されたら、是非、お口の体操をしてみてください。

Sponsord Link