口臭予防 電解中性殺菌水

Sponsord Link


口臭の消臭から予防まで歯科医院で大活躍の電解中性殺菌水

除菌効果があって臭いを消す水として、歯科医院をはじめ医療機関で使われることが多かった電解中性殺菌水ですが、最近は家庭用の生成装置も登場して、より身近な消臭水として利用が広がっています。
特に利用用途を大きく広げたのがお口の消臭です。
電解中性殺菌水は、お口の中のベトベト感や口臭の原因となる細菌類を除菌する効果があります。
こうした効用に着目して口臭予防の消臭水として、家庭や個人でも利用されるようになってきました。

 

強い殺菌力ながらも身体と環境にやさしい口臭予防

この電解中性殺菌水は、簡単にいうと水と食塩を電解することによって得られる次亜塩素酸を含む電解水で、高い除菌、殺菌効果を発揮しながら中性の水溶液のため、人や環境にやさしいという特徴があります。
効果を発揮する主成分となる次亜塩素酸は、20年ほど前から食品工場の衛生管理や半導体の生産工場などの洗浄に使われていて、今日では産業分野で広く利用されています。

 

電解中性殺菌水を販売する歯科医院も

歯科領域では、治療中のうがい水として使用しているのをはじめ、歯周ポケットの除菌やインプラント術後の除菌や抗菌など、直接的な治療としても効果があることが知られています。
歯科医院では虫歯や歯周病の予防として、この電解水を販売しているところもあり、こうしたことも利用が広がる背景になっています。

 

家庭での利用を広げるコンパクトな生成器も登場

一方、ここに来て脚光を浴びる格好になっているのが家庭用の電解中性水生成装置です。
コンパクトで家庭用浄水器と同様に設置が簡単です。
歯科医院など医療機関に設置されている生成装置に比べても効果にそん色はありません。
口臭防止のうがい水としてはもちろん、マナ板や食器、さらに食材の除菌にも使えるため、電解中性水の効用が広く知られるようになって、家庭での利用が広がってきています。

Sponsord Link