口臭予防 歯みがき粉

Sponsord Link


口臭予防には口腔のバイオフィルムを取り除く歯磨き粉を選ぼう

口臭予防の基本は、口の中をきれいにしておくことは言うまでもありません。
食事の後は必ずうがいをする、または歯を磨くことを心掛けている方は多いと思いますが、それでも少し時間が経つと口の臭いが気になる、という方はけっこう多いのですよね。
歯の表面や歯と歯の間の食べかすが細菌などの微生物の繁殖を促進し、この微生物のコロニーであるバイオフィルムが形成されると、口臭が慢性化します。
つまり、バイオフィルムが出来てしまうと、うがいや歯磨きで食べかすを取り除くだけでは、口臭は改善されないということなのです。

 

バイオフィルムに効果的に作用する歯磨き粉

消化器系や虫歯、歯周病などの病的な原因による口臭以外では、慢性口臭は、このバイオフィルムによるものと除去することこそが口臭の改善につながるのです。
口臭予防や口臭の改善には、その臭いの元であるバイオフィルムを除去する必要があります。
歯磨き粉によって除去する場合は、バイオフィルム除去効果のある歯磨き粉を選ぶようにしましょう。
特に最近は、バイオフィルム除去効果をアピールした歯磨き粉も出揃ってきていますので、購入の際は薬局で相談するとよいでしょう。

 

ブラッシングによって変わる歯磨き粉の効果

一方、口臭が慢性化していない方は、バイオフィルムをそれほど意識することはありません。
一般的な歯磨き粉で食べ物による口臭は除去できます。
食べかすを歯や歯茎に残さないことがバイオフィルムが形成されないための予防策ですので、こまめに磨いてバイオフィルムが出来ないようにしましょう。
口臭予防に限らず、歯磨きで注意しておかなければならないことは、歯ブラシの使い方です。
使い方によっては歯のエナメル質が削れて、削れた部分に微生物が付着し、その結果、バイオフィルムが出来たり、さらに虫歯になったりしますので、歯ブラシの正しい使い方も知っておくようにしてください。

Sponsord Link