口臭予防 ニンニク

Sponsord Link


ニンニクの口臭は、消臭効果のある食材で大幅に低減できます

食事の後は誰でも口臭が気になるものですが、食べる前から、すでに口臭を予感する食べ物ナンバーワンと言えば、ニンニクですね。焼肉、ギョーザ、ラーメンといったニンニク3兄弟から、ペペロンチーノをはじめ和洋中問わずさまざまな料理に使われています。
料理のテイストに深みを与え、さらに滋養強壮への効力などニンニクは医食同源を実感する代表的な食材です。
そのためニンニクを好む方は多く、食後の口臭を気にしつつも、ついつい食べ過ぎてしまって、後でひどい口臭で周りからブーイングを受けるという経験をされた方も多いと思います。

 

ニンニクの独特の臭いはお口の中で生まれます

さて、このニンニクの臭いですが、生のニンニクをそのまま臭っただけでは、それほどキツイものではありません。
それでは、ニンニクを食べた時のあの臭いはどのようにして生じるのでしょう。
ニンニクには、無臭のアリインという化合物が含まれている細胞があります。
またアリナーゼという酵素が含まれている細胞があります。
アリナーゼとアリインが細胞外で触れることによって、アリインが酵素アリナーゼの作用によってアリシンという化合物に変わるのですが、このアリシンが臭いの元なのです。
つまり、ニンニクを食べることによって、別々の細胞にあったアリインにアリナーゼが作用して、ニンニク独特の臭いが生じるという仕組みです。

 

ニンニクの口臭対策に効果的な食材はズバリこれです

この臭いを消すためにガムやキャンディー、タブレット菓子などがありますが、臭いを消すまたは緩和する食材があることをご存知でしょうか。
食べ物で生じた口臭は、食べ物で解消するというのが自然の摂理なのです。
最も知られているのが牛乳です。
その他にもヨーグルトや紅茶、緑茶なども効果がありますね。
さらに梅干やレモンなども口臭抑制作用があることが知られています。
また、海藻類は腸内環境を整えてくれる効果がありますので、腸内にガスが溜まるのを抑えてくれます。
ニンニクを食べたる時には、こうしたメニューも注文して、一緒に食べることによって口臭はある程度、抑えることができるのです。

Sponsord Link