口臭予防 フリスク

Sponsord Link


フリスクは口臭が気になったときの頼もしい助っ人

簡単に、しかも必要なときにすぐに口臭を消すことができるのが、フリスクなどのタブレット菓子ですね。
ポケットやバックに入れておくだけで、いざ、という時に効果てきめんです。
口臭エチケットの頼もしい助っ人なのですよね。
このフリスクは、1986年にベルギーの薬局で販売されたのを契機に、瞬く間に全世界に広がっていきました。
特に日本では人気が爆発して、世界の中でも販売数量はトップクラスなんです。

 

口臭エチケットに厳しい日本人が選んだフリスク

こうした日本でのフリスク人気の背景には、口臭を気にする日本人の気質があるようです。
満員電車での口臭、人が集まったときの口臭などなど、組織として活動したり、動くことが多い日本人にとって口臭に気を使うことは、他人事ではなく人と接するときの自身のマナー、エチケットです。
そして、それは日本人の道徳観に根付いているものなのです。

 

日本ではミント系を中心に22種類が発売

さて、日本にとってお口のエチケットとして定着したフリスクですが、代表的なペパーミントテイストなど22種類以上のテイストがラインナップ、発売されています。
口の中に広がる清涼感が口臭を抑えるとともに、眠気覚ましにも効果を発揮しますので、口臭の解消以外にも生活のさまざまな場面でフリスクが活躍していますね。

 

フリスクは緊急避難的に口臭を消すために使うのがベター

ところで、口臭の予防や解消の効果ですがフリスクは即効性は高く、キャンディーなどに比べると風味の持続性も高いのですが、あくまで対処療法として使うと考えておくのがよいでしょう。
口臭の原因となる臭いの元に直接作用するものではありませんので、フリスクによって慢性的な口臭を解決することは出来ないのです。
あくまでも、口臭が気になるが歯磨きもうがいもできないという場面で、口臭を消すための緊急避難的な消臭方法の一つとして、考えておくのが良いでしょう。
こうした使い方をする限りは、フリスクの効果は抜群ですよ。

Sponsord Link